廃棄物処理

esg-banner
URTの廃棄物は主に家庭ごみや加工廃棄物等です。近年、以下のような方向で廃棄物の削減に取り組んでいます。
  • 家庭廃棄物の削減(環境配慮型食器(コップ)の使用促進や使い捨てプラスチックの削減など)、節水、ペーパーレス化(電子署名)の推進など。
  • 廃棄物の削減は発生源から始まり、材料の選択とサプライヤーとの協力を設計し、再利用可能な材料を選択し、持続可能な設計に向けて開発します。
  • 廃棄物処理、廃棄物の再利用を積極的に推進し、物理的解体と再利用、廃棄物の再生可能固体燃料(SRF)への変換などの削減します。


政府の推進に応えて、URTは製造過程で発生する廃棄物や資源を再利用し、認定処理工場に廃棄物のリサイクルと再生可能固形燃料(SRF)へ委託し、廃棄物処理による温室効果ガス排出量の削減に取り組んでいる。 また、2015年には国連が「2030年持続可能な開発目標」(持続可能な開発目標、SDGs)を発表し、貧困の撲滅、気候変動の緩和、男女平等の推進などSDGsの17の目標を掲げました。 URT は廃棄物処理による温室効果ガスの排出削減に取り組んでいる一方で、「責任ある消費と生産」と「気候変動対策」という 2 つの目標にも共感しており、持続可能な開発という目標に向かって歩み続けています。


固体再生燃料(SRF)

廃棄物燃料化政策を推進するため、環境保護庁は、高発熱量の廃棄物処理の問題を解決し、化石原料や燃料採掘の削減を目的として、廃棄物を石油や天然ガスなどの「固形回収燃料」(略称SRF)に転換することを推進しています。 さらに、SRFは燃焼発熱量や燃焼効率も高く、温室効果ガスの排出量も少ないため、廃棄しかできずリサイクルできない物質も再利用する機会が得られ、環境保護にも有利です。

廃ガラスのリサイクル

ガラスは完全にリサイクルして再利用できる素材です。 主な原料は珪砂で、無毒でリサイクル可能です。 色分離、洗浄、破砕、選別、再溶解を経て、さまざまな製品に加工できます。 台湾のガラスリサイクル率はスウェーデンに次いで世界第2位です.。その用途は次のとおりです:

  • ガラスの破片を粉砕してアスファルトに混ぜて舗装することで、道路の強度と摩擦係数を向上させることができ、またガラスサンドアスファルト舗装は反射効果が高く、夜間の運転に注意を促すことができ、見た目も美しいです。
  • 砕いたガラスを建築材料と混合して、床タイル、タイル、建築用レンガなどの環境に優しい建築材料を作ります。
  • 粉砕したガラスは反射材として利用でき、粉砕後は美術品や工芸品、服飾品などに加工されます。
  • 再生ガラスは加工後、再び炉に戻して溶かし、ガラス容器やガラス繊維などを作ります。
物理的な解体と再利用

廃棄物は分別、破砕、精製されて再利用可能な材料となり、最終的には以下のようなリサイクル製品となります。

    • 廃プリント基板や粉体チップを分解・破砕・分別することにより、ガラス繊維や金属粉などの再利用材料を製造し、ガラス繊維を改質して「コンクリート混和剤」とするリサイクル製品を製造することができます。
    • 廃棄された照明光源は分解、破砕、精製され、純水銀やガラス粉末などの利用可能な材料にされます。