労働者の権利と職場安全性

esg-banner
労働者の権利と企業倫理

労働者の権利と企業の倫理規範に基づいて、RAB(EICC)およびSA8000の社会的責任管理システムに則り、労働者の権利と企業の倫理規範に関する最高執行ポリシーを策定し、社会的責任マニュアルを作成しました。



一、労働者の権利:
  • (一) 自由な職業選択、強制労働の禁止

  • (二) 児童労働の使用禁止:16歳未満の児童労働者の使用を禁止する。

  • (三) 労働時間の明示、労働者の健康と効率の維持

    • 週または月ごとの労働時間、残業時間を定め、政府の法令に準拠する。
    • 連続して働く6日には、1日の休息が必要である。
  • (四) 給与報酬と福利厚生

  • (五) 人道的な扱い、体罰や圧迫などの罰則措置の使用禁止

  • (六) 労働者への差別の禁止

  • (七) 結社の自由と団体交渉

    • 労働者は法律に基づき労働組合を結成する権利を有する。
    • 会社は退職金委員会、福利厚生委員会などを設立し、労働者とのコミュニケーション手段を増やすべきです。


二、倫理的な経営:
  • (一) 廉潔な経営

    • 規則、要求、管理を策定し、従業員に賄賂、汚職、恐喝、強要、公金の横領などを受け入れないよう求める。
    • サプライヤーや代理店、顧客に対して、リベートや賄賂などの不適切な行為は受け入れないことを明確に述べる。
    • サプライヤーや代理店、顧客に対して、リベートや賄賂などの不適切な行為は受け入れないことを明確に述べる。
  • (二) 情報公開

    • 財務情報などは法令および上場企業・上場証券取引所の規定に従って公表する。
    • 環境、安全、労働法関連の情報は関連する管理機関に適切に報告する。
  • (三) 知的財産権

    • 生産技術に関する特許は合法的に取得し利用する。
    • 自社で開発した特許については、申請方法を策定する。
    • コンピュータソフトウェアの使用は合法的な著作権を購入し、管理方針に従う。
    • 顧客やサプライヤーに関連する情報は保存と管理の規定を設ける。
    • 重要な情報を外部組織に提供する際は、重要性に応じて機密保持契約に署名する。
  • (四) 公正な取引、広告、競争

    • 顧客情報およびサプライヤー情報は保護し適切に管理する。
    • 取引条件や基準については公平な競争を行い、適切な契約を獲得するために詐欺手段を使っていけない。
  • (五)個人情報の機密保持とプライバシー

    • 告発者や上司への報告問題、または総経理のメールボックスなどの関係者には機密保持と保護が与えられるべきです。
    • 個人情報保護法に基づき、内部の管理と実施手順を明確にする必要があります。
    • 取引相手(サプライヤー/顧客/消費者/従業員/その他)の個人情報は、情報、メール、書類、身分情報などを含めて、機密保持と合理的な期待に沿った方法で処理するべきです。
    • 総経理メールボックスを設置し、従業員が報復や処罰を心配することなく、いかなる問題にも反応できるようにするべきです。
    • 各レベルの管理者に対して、従業員が提出した問題に対して考慮し、説明し、解決策を提供するよう要求するべきです。問題の提出自体に対して報復や嘲笑を行ってはならないことも含まれます。
  • (六) 国際的な調達と取引の責任

    • 国内および国外の調達に関して、供給源の合法性と社会的責任に注意を払うべきです。
    • 人権侵害と認識されている素材/製品/国家/企業などに対しては、国際的な共同抵抗と調達や取引への参加を支持すべきです。